卒業論文も足で稼ぐ!

0

    JUGEMテーマ:学問・学校

    JUGEMテーマ:地域/ローカル

     

    久留米大学附設中学3年の息子は、中体連のバレーボール大会が終了し卒業論文『星野村の人口減少対策について』の完成へ向けて毎日試行錯誤している様子です。

    7月28日からは星野村で自営や会社を経営されていらっしゃる方々へアポイントを取りながらヒアリング調査を行っていますが、私も空き時間を見計らって協力しています。

     

    来年2月1日で星野村が八女市へ編入合併して丸10年経ちますが、合併で村議会議員を辞めてから少し疎遠になっていた方々とも息子の卒業論文のお陰で久しぶりに腹を割ってお話が出来たりしています。

    農林業・土木・サービス業・教育関連など様々な方々へ当初は30名を予定していましたが、来週初めまでに50名の方々へ星野村について話をお伺いすることにしました。

     

    未だ14歳ですが、育った星野村を卒業論文を通して自分なりに見つめ直すという事は素晴らしい経験になると思います。

     


    まずは「読み解く力」の基礎をを小学校の時に養う

    0

      JUGEMテーマ:学問・学校

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

      JUGEMテーマ:家庭

       

      2019.7.5.jpg

      (2019.6.17 日本経済新聞より)

       

      国立情報研究所の新井紀子教授の著書『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』(東洋経済)を読んでみました。

      AI、AIと叫ばれる昨今、銀行のATMの縮小や人員削減を初めこれから生き残れる人材とは?その人材になる為に今からやらなくれはならない課題は何か?となる道しるべの一つが書かれています。

       

      2001年に登場した小泉純一郎首相は「ワンフレーズ」に代表されるインパクト政治をされましたと思います。

      ワンフレーズでは語尾はどっちにも解釈されるます。

       

      昨今のマスコミが取り上げられる政治家の言動一つとっても、話の内容の一部だけを切り取って報道され、その部分だけが独り歩きしている感じがします。

       

      こうしたご時世に流されず、これからの地域・日本・世界を担ってくれる子供達には改めて物事の本質を見極める読解力を養うことが大切だと思います。

       

      地元・星野村で小中学生の教育振興に携わり10年が経過しています。

      少子化で個々人に行き届いた教育がならされていますが、子供たちは甘やかされて育っているな、と感じます。

      そして将来にわたって学力、体力、順応力など差が開いていくだろうな、と感じます。

       

      「教科書が読めない子どもたち」というタイトルからして、うちの子はそんなことはない!と思われる保護者の方々も多いでしょう。

      しかし、現実は厳しい結果が出ています。

       

      今年度から小学校講座では3年生、4年生の塾生には算数の文章問題を主に指導しています。4行から10行ぐらいの文章をしっかり読んで、足すのか?引くのか?掛けるのか?割るのか?数式を考えてもらいます。

       

      私にはできない!と諦めている子には、「まず10分間繰り返し読みなさい、最低20回は読みましょう。」と毎回の授業で話します。

       

      1回で正解にたどり着く子は殆どいないので、この授業では消しゴムの消しくずがとても多く出ます。

      できるまで食らいついてくる粘り強い子供たちを一人でも多く育てるのが目標です。

      たぶん1年後には塾生の殆どが見違えるような諦めない粘り強さを身に着けてくれると期待しています。

       

      新井教授がおっしゃっている読解力と論理力につながると思っています。

       

       

      51twtvqpgZL.jpg

       

       


      久留米附設の素晴らしさ

      0

        JUGEMテーマ:学問・学校

         

        2019.6.8.jpg

        (2019.6.8 日本経済新聞より)

         

        2019.6.9.jpg

        (2019.6.9 日本経済新聞より)

         

        毎年年度初めに行われる「久留米附設後援会総会&保護者会」が、先週の土曜日(6/15)に開催されました。

        附設中学入学してあっという間に2年余りが経過しました。

        顔なじみの保護者の方々もいらっしゃり親子ともども少し慣れてきたな、という感じです。

         

        そして昨日はクラス担任の先生との保護者面談でした。

        私も近年、主に小中学生の教育振興に携わり、日々子供たちと接しています。その中で附設中の教育内容は全てにおいて参考になります。世界のリーダーとなる人材の育成を目指し、時代の変化をいち早く察知され、生徒個々人に寄り添い、個々の能力を引き出し、高めていく指導を日々研究されていると実感します。

         

        2020年度からスタートする大学入試共通テスト対策。

        昨年から話を聞いていますが、附設ではどんな内容になるにせよ、自由自在に対応できる高い学力・能力を持つ生徒が殆どなのでこの変更は附設生にとっては有利になるだろう、とのことでした。

         

        先が不透明な読み難い環境下で、どんな劇変化にも対応できる能力を持った人間を育てる、その根底にあるのは中高生迄の教育にかかっていると思います。


        ボーダーラインの成績では悩みは尽きませんが、上位層はあまりうろたえる必要はありません。

         

        小手先やテクニックではなく、小学生のうちから全ての土台となる読解力をもった子供たちを一人でも多く育てたいと思います。

         


        力を集中させるには?

        0

          JUGEMテーマ:地域/ローカル

           


          2019.6.12.jpg

          (2019.6.12 西日本新聞 筑後版より)

           

          私は、平日の夜は小・中・高生に学習指導ををしていますので星野未来塾には殆ど参加できていませんでしたが、年度末に時間が取れましたので息子と数回参加しました。

          久留米附設中学に通う息子は、卒論のテーマ「九州北部豪雨災害後の星野村」を研究しています。

           

          全国緑茶品評会において5年連続玉露日本一や昨年度も日本一に輝くなど星野村にはハード・ソフト面の両方ともに誇れる豊かな資源があると自信を待って言えます。

           

          しかしながら、その資源を活かすのも人の力次第です。

           

          人口減少に直面する星野村も既存の組織や活動は日々行われていますが、人的ネットワークを強固にする(集中する)取り組みが急務だと思います。

           

           

          さて、日本経済のバブルが崩壊した1990年代初め、1991年9月14日の台風17号、9月27日の台風19号は、実家の2階の屋根を吹き飛ばすなど大きな被害を与えましたが、星野村を始め森林の木をなぎ倒し、山の価値を大きく低下させるきっかけになりました。

           

          それから21年後、2012年7月14日・15日に発生した九州北部豪雨災害。

           

          自然の脅威を実感した自然災害は、農山村で生き抜く思考の転換を迫っています。

           

           

           

          力を結集する方法の例として

          2001年4月に発足した小泉内閣では、小泉首相が、「旧態依然の自民党をぶっ壊す!」と、仮想敵をつくったり、「郵政民営化解散」では、賛成か反対かで対抗馬に刺客を当てたりなど劇場型にする。

           

          トランプ大統領を始め近年の世界の政治指導者が行っている一部の人々の不満の原因の標的を明確につくる。

           

          などなど

           

          私が村議会議員時代に行った八女市へ編入合併の賛否を問う住民投票。

          合併協議会に参加している矢部村・黒木町・立花町・星野村の中で唯一星野村だけが住民投票を実施し、住民一人一人が将来を真剣に考え、見つめ直すことが出来ました。

           

          星野村は「優れたパワーを持つ地域」だと思います。

           

          自分の生活に直結させて、関連付けて一人一人が考える雰囲気づくりを醸し出す更なる工夫が大切だと思います。

           


          納得いく大学生活を送るために!

          0

            JUGEMテーマ:学問・学校

            JUGEMテーマ:ビジネス

            日本経済新聞奨学生2年目、娘が大学へ入学して早2か月が過ぎました。予備校時代よりも心に余裕は出来ているようです。住み込みで働いている専売所の経営体制の変化により、昨年よりも朝夕刊の配達部数が約100部増え、大学の勉学はもとより、朝は午前1時30分に起きて400部以上の配達、大学から戻ったら直ぐに夕刊の配達にも励んでいます。

             

            さて、人生はどの時代も経験と学びの繰り返しだと思います。置かれた立場や環境でどう考え?どのように行動し、どう生きていくのか?等々。娘なりに貴重な勉強をしていると思います。

             

            去る5/19(日)に出身高校(福岡県立明善高校)の関東支部総会・同窓会に同期と一緒に参加し、先輩方を紹介され、その中の先輩からお声をかけられて5/31(金)には福岡県人会に参加したそうです。

            人生経験豊富な諸先輩方に可愛がって頂き、今後とも毎月行われている定期的な会に参加するようにしたとの連絡を受けました。

            娘の声も弾んでいました。

             

            又、一昨日(6/9)は関東圏の日本経済新聞所職員・奨学生の食事会に参加したそうです。

             

            「自分の力で大学生活を謳歌する!という覚悟を持ち、前向きに努力すれば必ず道は開ける!その機会が少しずつ開かれているね。」と娘にエールを送りました。


            39(サンキュー)から55(ゴーゴー)へ

            0

              JUGEMテーマ:ビジネス

              JUGEMテーマ:家庭

              JUGEMテーマ:地域/ローカル

              JUGEMテーマ:学問・学校

               

              サラリーマン生活から自分の看板で生活し始めて(2001年7月9日)間もなく丸18年経ちます。

              36歳で郷里でスタートさせた小さな会社もあと2カ月で満18歳、人間で言えば大人の仲間入りです。

               

              さて、創業間もない2001年9月11日には米国での同時多発テロ、2009年にはリーマンショック、国内に目を向ければ2011年3月11日に東日本大震災、2012年7月中旬に発生した地元での九州北部豪雨災害など様々な出来事がありました。

               

              元旦生まれの私は、39歳の時の年賀状ではサンキュー(39)で行動します。と書きました。

              時は経ち、55歳になった私はゴーゴー(55)と更に前を向いて行動することを決意しました。

               

              令和がスタートして今日で10日。10年目を迎えるNPOで運営する「ほしの塾」も今年度がスタートして早1カ月、時に流されず一日一日を大切に過ごさなくてはなりません。

              令和のわに因んで自分なりの人的ネットワークの”輪”を更に広めたいと思います。

               

              東京で大学生活を送る娘も専売所に住み込んで朝・夕、400部の新聞を配達しながら両立に取り組んでいます。新聞奨学生なので学費、住居費に自己負担は無し、そして月給が13万円強ですから年間で400万円近く稼いでいることになります。

              自分の時間を作るために日々どうするのか試行錯誤の毎日です。。

              成城大学社会イノベーション学部政策イノベーション学科に在籍していますから将来を見据えて、自分なりのイノベーションを進めてくれることを期待したいと思います。

               

              久留米附設中学3年の息子は、学業に励むのは当たり前ですが、星野村での農作業で私の相方役をやれるまでになりました。卒論のテーマが星野村についてなので、育った郷里の将来に一石を投じた内容にして欲しいなと思います。

              八女市へ編入合併して10年目に入りますので、私もこの機会に息子に負けないように星野村について考えたいと思います。

               

              日本経済新聞で取り上げられた直近の女性経営者の伊達森トラスト社長の3つの力(考える力、企画する力、実行する力)や坂東昭和女子大学理事長の管理職に必要な3つの「き」(期待、機会、そして鍛えるのセット)に目が留まりました。

               

              後継者を育てて一人前と言われます。

               

              今日も「気」を引き締めてやります。

               

               


              ひらめきも執念から生まれる!

              0

                JUGEMテーマ:ビジネス

                 

                新年度が始まって早半月、月日が経つのは早いです。

                春休みに78歳になる母も一緒に家族全員で東京へ旅行に行きました。母が東京へ行くのは私が大学卒業の時以来ですから30年以上経ちます。家内が飛行機に乗るのは新婚旅行以来ですから20年ぶりということでした。又、中3の息子は初めて飛行機に乗りました。

                 

                この機会を作ってくれたのは娘の成城大学入学でした。「行こう!行こう!」と思ってもいてもなかなか機会がないと実行しません。

                昼と夜の2回(二日間)はとバスツアーで観光に出かけたり、膝が悪い母の手を引っ張って山の手線や地下鉄を乗り継いで千鳥ヶ淵の花見に行ったりと天気にも恵まれ、良い親孝行?ができたかなと思います。

                 

                 

                さて、昨年10月から今年3月までNHKの連ドラ「まんぷく」の主人公である安藤百福氏の名言『明確な目標を定めたあとは、執念だ。ひらめきも執念から生まれる。』を今年度は時に頭に入れて行動しようと思っています。

                 

                子供たちの教育が一番!

                 

                先日来日されたノーベル平和賞受賞者である、マララ・ユスフザイ(現在21歳)さんも16歳の時、国連でのスピーチで「Education First!」と言われています。

                 

                11年目に入った地元・星野村での教育振興は、自然の中で勉強を日々の生活と連動させ、子供たちの旺盛な好奇心をくすぐり、又、後継者作りへの第一歩となる事業をスタートさせます。

                 

                42年前、私が中1の時に急逝した父は、生前よく言っていました。

                「自分は学校の勉強も良くできていたが、長男で貧乏だったので高校にも行けなかった。お前たちには自分が乞食をしてでも大学に行かせてやる!」

                 

                父の教育への執念が私にも根付いているようです。


                仕事をするのは当たり前、勉強するのは当たり前の世界をつくる!

                0

                  JUGEMテーマ:学問・学校

                  JUGEMテーマ:家庭

                   

                  3/10(日)、東京で日本経済新聞奨学生して仕事と勉強を1年間両立した娘が1年ぶりに帰省しました。

                  夕方から我が家で親戚も交えて娘の大学進学のお祝いをささやかながらやりました。

                  私は魚を捌くのは慣れていますので、ヒラマサなどを捌いて手巻き寿司が出来るように準備していました。

                   

                  さて、福岡空港で娘を迎え、実家へ帰る車の中で色々話をしましたが、1年ぶりに面と向かって話す娘との会話は、自分で生きていく自信がついたように感じました。

                   

                  頑張れ!ガンバレ!と応援したところで、当の本人がその気になり、行動しなければ結果は伴いません。3日坊主で終わることも多いし、1週間、1ヵ月ぐらい努力しても長期的には変わりません。

                   

                  やるのが当たり前!という習慣、体にしみ込ませるまでもっていければ人生大きく変わるのではないでしょうか。

                   

                  将来の目標に向かって良い生活習慣を確立させるための1年を過ごせた娘。数日間、実家で英気を養っています。


                  魅力ある学びの場に!

                  0

                    JUGEMテーマ:地域/ローカル

                     

                    2/9、2/16、2/23、そして本日・3/2、合計で4回、近年私が高校受験を控えた中3の生徒へ無料で指導している対策講座が終わりました。過去問などを解説しながらやっています。実施場所である八女市図書館星野分館は子供たちが集うには素晴らしい場所と環境です。

                    福岡県公立高校一般入試は3/6ですが、今年はすでに推薦入試で内定をもらっている生徒たちですので、心に余裕をもって勉強出来ました。

                     

                    星野中学を巣立っていく生徒へ「常に学ぶ気持ちをもつ」大切さを少しでも伝えられたかな?

                     

                     

                     

                    さて、去る2月20日に星野小学校を通じて配布して頂いた来年度の「ほしの塾小学生講座」の募集案内の中に少し私の思いを書かせて頂きました。

                     

                    『来る2019度は、小学校2年生からほしの塾の生徒募集をします。2018年度から小学56年生に加えて小学34年生を指導し、「脳が柔軟な時に鉄は熱いうちに打て!」と言われるように小学校低学年からの指導の大切さを改めて実感しました。私が近年、学習塾の講師や家庭教師などを通して小学生から高校3年生までの教育(学力向上や生活指導)に携わり、感じている事を少し書かせて頂きます。

                     インターネット環境の進化により、新聞を含めた活字媒体に触れる機会に個人差が出ている影響かもしれませんが、語彙力不足、ニュースも含めた時事問題に無関心な子供が多くなっている感じがします。

                    スマートフォンやタブレット等によるゲームとの共存も課題です。子供は本来、知的好奇心が旺盛ですが、学年が進むごとに文章を読むのが苦手・面倒くさがる子供が多くなります。一方、学校では、学年が進むにつれて思考力を問う問題が増加し、今後益々その傾向が強まると予想します。

                    ほしの塾は、基礎学力の定着を始め様々な角度から小学校教育が推進されている星野小学校と連携し、学校の授業の補完を担うと共に新学年、中学・高校教育を見据えた学力向上を目的としています。

                     

                    ほしの塾では、

                    ‘々、学校では時間の都合でなかなか取り組めない算数の文章題、図形問題などをじっくり時間をかけて自分の力で解き、学ぶことの楽しさや解けた時のうれしさを体感してもらいます。

                    知りたいことや分からないことは、辞典などを使って自分で調べる習慣を身に着けてもらいます。

                    算数、または英語の勉強を始める前に約5分間、「ことわざや故事成語などの解説」も毎回やっていき雑学も勉強します。

                    算数や英語を始めとした勉強を日々の生活の中や時事問題に例えながら指導します。

                    算数や英語の指導を通じて、国語力やコミュニケーション能力、物事にのぞむ姿勢などの大切さも指導します。

                     

                    繰り返しになりますが「鉄は熱いうちに打て!」です。毎日、ご家庭でお子様と一緒に読書や勉強、運動、日々の出来事などについて話をする時間を作って頂ければ幸いです。』

                     

                     

                    (小学2年生・3年生・4年生用に配布した募集案内の挨拶内容)

                     『当協会は、星野村の自然、人材、文化を最大限活用し、村が持続して発展していくような地域となることを目指して設立し、10年前NPO法人として福岡県から認可されました。その事業の一環として小・中学校と連携した学習塾「ほしの塾」を開講しています。将来を担う子供たちに自ら学ぼうとする力は欠かせません。2020年度からは、高学年で英語が教科になります。2018年度は「学ぶ楽しさを」を早期から養う目的で3・4年生から英語の講座を始めましたが、2019年度は更に2年生から「思考力を養成する算数」の講座も併せてスタートさせます。学力の向上には、小学校低学年からの学習習慣の確立と学習意欲の向上が大きな要素となります。その一助となれば幸いです。

                                                           平成31220日 NPO法人星野村里山ツーリズム協会』


                    (小学4年生・5年生・6年生用に配布した募集案内の挨拶内容)

                    『当協会は、星野村の自然、人材、文化を最大限活用し、村が持続して発展していくような地域となることを目指して 設立し、10年前NPO法人として福岡県から認可されました。その事業の一環として小・中学校と連携した学習塾「ほしの塾」を開講しています。将来を担う子供たちに自ら学ぼうとする力は欠かせません。学力の向上には、学習習慣の確立と学習意欲の向上が大きな要素となります。その一助となれば幸いです。

                    ※月曜日の英語気麓腓法崙匹燹焚仔鼻法δ阿・話す」を、算数気漏愬を超えて応用力も養う中学受験も見据えた内容です。木曜日の英語兇麓腓法崙匹燹焚仔鼻法書く」を、算数兇漏導愬で習う範囲の内容(少し難しい問題も含む)です。

                                                           平成31年2月20日 NPO法人星野村里山ツーリズム協会』

                     

                    2019.2.28.JPG

                    (ほしの塾小学生講座・英語小テスト)

                     

                     

                    近年、小学校卒業後、地元の中学校へ進学せずに地域外の私立中学などへの進学が目立ってきている、との指摘もあります。

                    私は、公立中学校の危機意識の欠如が最大の要因だと思います。

                     

                    「地元の小学校から地元の中学校へ進学してくれるのは当たり前」

                    といった旧態依然の考え方が急速に変化しているのに、それに対応できていない、後手後手になっていると思います。

                     

                    少子化が進む中で、子供たちは地域の宝物です。

                    他の地域に取られないように日々研鑽し、先生方を始め学校全体が魅力を発信、どうやったら地元の中学へ進学してくれるのかを今一度見つめ直す岐路に立たされています。

                     

                    一番は、近隣の私立中学にも負けない教育環境の充実です。

                    ダントツの学力アップメニューは成績上位の子供を囲い込む最優先事項です。

                    学校の先生だけでは不足ならば、他から雇えば良いのです。

                    魅力ある指導者の下には魅力ある生徒が集まるはずです。

                     

                    「桃李モノ言わずも下自ずから蹊を成す」です。

                     

                    もし、それが出来ないならば自前で育てるしかありません。

                    人材育成は少し時間がかかります。3年計画、5年計画でやるのです。

                     

                    私は現在、それを見据えてやっています。

                    共感者、賛同者、支援者の塊を少しずつ大きくしながら課題解決へまい進します。

                     


                    まずは八女市でダントツNo.1の小中学生学力の地域を目指して!

                    0

                      JUGEMテーマ:学問・学校

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                      JUGEMテーマ:育児

                       

                      早いもので今日から3月です。私が星野村外で4年数カ月家庭教師をしていた二人の生徒も今日は高校の卒業式を迎えます。

                      まずはご卒業おめでとうございます。

                       

                      ちょうど一年前の今日は、福岡県立明善高校理数科に通っていた娘の卒業式でした。あれから一年か。

                      志望大学への現役合格とはいかず、自分の力で再起を期す!との思いで昨年3月下旬に初めての地へ一人で上京して行きました。

                       

                      日本経済新聞奨学生として住み込みで働き、予備校に通いながら大学合格を目指す道を選んだのです。

                      50ccのバイクの免許を上京して直ぐに取得し、早朝2時30分から300件以上の朝刊配達、予備校へ通い帰宅、そして夕方3時過ぎから夕刊配達。

                      一年間、様々な経験を積み、紆余曲折の日々。汗と涙でつかんだ大学合格。

                      4月からは引き続き日本経済新聞奨学生として成城大学へ通います。

                      3/10(日)の朝刊配達を終えた後、4日間の休みを作って星野村へ帰省しますので1年間の頑張りを家族全員でねぎらってやろうと思います。一回りも二回りも心身ともに成長した娘と再会できるのが楽しみです。

                       

                      久留米大学附設中学に通う息子は4月から中3。附設高校も今日が卒業式ですが、中学は明日からは第5回の定期テストです。

                      息子もこの2年間で最高の教育環境に恵まれ、心身ともに成長し、充実した学校生活を送っている感じがします。

                       

                      子供の成長は親やその家族にとって夢と希望、そして日々の生きがいを与えてくれるのではないでしょうか。

                       

                      私は、星野村の子どもたちへ更なる教育の充実を目指して取り組んでいます。

                      NPO法人星野村里山ツーリズム協会が母体の学習塾である「ほしの塾」は今年1月から10年目に入りました。ほしの塾の塾生OBに協力してもらってこの4月からは「星野村イノベーション・レベルアップ学習会」(仮称)をスタートする予定です。

                       

                      私が中心となって運営しているほしの塾小学生講座は、昨年4月から3年生からの塾生を迎えましたが、今年4月からは2年生から塾生を募集しています。星野小学校・中学校と連携して低学年から生活習慣、学習習慣を身に着け、個々に応じて学力などのレベルを上げていくねらいがあります。

                       

                      鉄は熱いうちに打て!

                      頭が柔軟な時に、私自身が長年培った人生経験と今持っている学力を全て子供たちに伝授できたらと思っています。

                       

                      一人では力は知れています。限られています。

                      私と同じ思いをもつ方々、そして教え子たちと共に星野村の教育振興に寄与するのが今私のミッションです。

                       

                      星野村には身近に山や川や田や畑があり自分の知恵で体験を楽しむことが出来ます。核家族ではなく3世代、4世代一緒に暮らす家庭も多い方だと思います。おじいちゃんやおばあちゃんの長年生きてきた茶づくり、コメ作り、野菜作りなどの経験や知恵を子供たちに身に着けてもらいたいと思います。

                       

                      30年目を迎える小学校山村留学も毎年人気があり日本全国各地からの子供たちを受け入れています。北は北海道、南は沖縄まで、個性豊かな小学生が集まってくる小学校も全国で少ないのではないかと思います。

                       

                      私には二人の子供しかいませんが、私が生まれて高校生まで育った地で、二人の子供も自然の原体験をさせたい!という思いで脱サラして育ててきました。

                       

                      「常に何かにハングリーであれ!」と思わせるのが私の教育方針です。

                       

                      ハングリー精神を持てば向上心を持続させることが出来ます。

                       

                      家庭の限られた予算の範囲内で、最高の子供の教育をする!

                       

                      私も父が中1で急逝し42年経ちますが、自分の力で予備校、そして慶応義塾大学を卒業しました。
                      お金がなくても、やる気と健康な体があれば高い目標に近づけます。

                       

                      私の人生経験を活かし、星野村の子どもたちへ、私のありったけの情熱を注ぎます。

                      「地域No.1の子育ての聖地」を目指し、子育て相談も受けながら、未来の日本を背負ってくれる子供たちへ”夢と希望にあふれる様々な選択肢”を伝授して参ります。

                       

                       


                      今日から2018年度のほしの塾スタート!

                      0

                        JUGEMテーマ:学問・学校

                         

                        9年目に入ったNPO法人星野村里山ツーリズム協会の中核事業である「ほしの塾」。

                        新中1の春期講座を午前中、夕方から小3・4年生を対象とした英語講座を今日からスタートさせました。

                        小3・4年生の英語講座は今年度から初めて実施します。前半の40分は英語の歌を中心に、そして後半の40分はテキスト(学研のレインボー英和・和英辞典)を使って主に勉強します。辞書の引き方、発音などもしっかり教えます。

                        初回である今日は保護者にも参加して頂き、私の教育に対する思いも話しました。

                        週1回40分・40分の80分授業。3月まで51回行う予定です。小学校の敷地内でやるために月謝は格安の1,500円です。

                        小学校・中学校と連携した地域の子供の教育振興は継続おマンネリ化の打破を私の信条として常に進化させています。

                         

                        去る3月22日(木)には、明善高校に通っていた娘と同じクラスの保護者が大学・短大の英語の先生をしていらっしゃるので塾にお招きし、小学生向けと中学生向けでそれぞれ素晴らしい授業を行って頂きました。

                         

                        ”袖すり合うも多少の縁”

                        子供たちの教育を通じてご縁を頂いた方々と更に振興を深め広げ、子供たちの教育に力を注いでいきたいと思います。

                         

                        始めて英語を勉強した3・4年生がとても「楽しかった!」と言ってくれたのが今後の励みになりました。


                        福岡県立明善高校卒業

                        0

                          JUGEMテーマ:学問・学校

                          JUGEMテーマ:家庭

                           

                          今日は娘が通っている明善高校の卒業証書授与式でした。娘も色々経験した3年間でしたが無事卒業しました。

                          今日から新たな目標に向かってスタートです。

                           


                          今日は久留米附設中学校入試日2018

                          0

                            JUGEMテーマ:学問・学校

                             

                            2018.1.13.JPG

                             

                            今日は息子が通う久留米附設中学校の入試日です。早いもので我が家の中学受験から1年が過ぎました。

                            昨年は前日の金曜日の夜、ほしの塾の仕事から帰る途中で星野村は雪がかなり降り始めていたので病み上がりの息子に急遽出かける準備をさせ久留米市内のホテルを予約し、家を出発。夜11時にホテルにチェックインしました。

                            翌日の準備をして出来るだけ睡眠時間を取らせ、試験当日会場となっている附設中学校まで送り届けたのが昨日のようです。

                            昨年も素晴らしい天気でした。

                            今日も良さそうです。

                             

                            受験生頑張って下さい!!


                            今日から大学入試センター試験

                            0

                              JUGEMテーマ:日記・一般

                              JUGEMテーマ:学問・学校

                               

                              今日と明日2日間大学入試センター試験が行われます。

                              娘を最寄りの駅まで送り、久留米の高良大社に参拝に行きました。かなり冷え込んだ早朝でしたが天気も良く高良山から臨む冬景色は壮観でした。

                               

                              2018.1.13-2.JPG


                              「戌笑う」年に

                              0

                                JUGEMテーマ:ビジネス

                                JUGEMテーマ:学問・学校

                                JUGEMテーマ:家庭

                                 

                                明けましておめでとうございます。

                                今日は東証の大発会。昨年12/29の大納会の日経平均終値から741円高の23,506円と急騰で好スタートを切りました。昨年の大発会も479円高でした。相場の格言にある「戌笑う」年となるか期待がもてます。

                                 

                                そして今日からNPO法人星野村里山ツーリズム協会の中核事業「ほしの塾」の第1回目が始まりました。冬休み中ですが小学生講座、中学生講座とも気持ちを新たにスタートです。

                                小学生講座では明日の金曜日から算数では中学受験レベル講座をスタートさせます。小学校では学ばないこともじっくりと腰を据えて子供たちに学んで欲しいと思っています。

                                 

                                昨年は息子の中学受験真っ只中でした。今年は娘の大学受験が迫っています。

                                子供たちに負けないように私も日々ビジネス・勉学に励みより良い充実した日々を送る所存です。

                                 

                                 


                                2017年を振り返る

                                0

                                  JUGEMテーマ:日記・一般

                                   

                                  今日で2017年酉年は終わります。息子の中学受験に始まり娘の大学受験に始まる年でした。

                                  私が10年前の7月1日に市町村合併前の旧星野村村議会議員になって以来提唱してきた「教育立村」。

                                  まずは”隗より始めよ”で進めてきました延長線上の年となりました。

                                  過去の延長線上ではなく日々私なりに改良しながら子供たちの教育を進めています。

                                  少子化が進む星野村でも私たち有志が運営している「ほしの塾」は一定の評価を頂き、小中学校と連携して8年目の終盤を迎えています。学習サポートから個々人の能力をさらに高める個別指導、将来の星野村を担ってくれる子供たちの全人格形成へと質を高めていこうと思っています。

                                  日本の株式市場は平成の低迷期を完全に脱し新たなステージへ突入した年となりました。政治の安定は経済にもつながり、株式市場の先高観は来る2018年の経済を占っていると思います。

                                  明日から始まる2018年が更に充実した年となるようチャレンジしていきたいと思います。

                                   


                                  コツをつかむ

                                  0

                                    JUGEMテーマ:学問・学校

                                     

                                    「あれもしなくてはいけない!これもしなくてはいけない!」と思っている受験生は多いのではないでしょうか。

                                    基礎力がついているのなら過去問を解いて要領、コツをつかむことが最短の道のりです。

                                    捨てる気持ちも大事です。

                                    久留米附設中学の問題は合計で65%解ければ合格ですし、中には難問もありますのでその難問を捨てる見極めが重要になってきます。


                                    子供たちの力を信じる

                                    0

                                      JUGEMテーマ:学問・学校

                                      JUGEMテーマ:家庭

                                       

                                      以前通っていた塾から冬期講習の案内のDMが我が家にも届きます。子供たちも受験へ向けて追い込みの季節となりました。

                                      昨年の今ぐらいは大手塾に通い始めた小6の息子が合格へのスキルをマスターするのに残された時間で間に合うのか不安でした。

                                      過去の受験問題への解法に慣れるのに残された時間が刻々と過ぎていったからです。

                                      しかしながら、日々の勉強はしっかりやっていましたし、合格したい!という強い意欲はもっていましたから親としては子供の能力を信じるしかありませんでした。

                                      信じれば通じる!です。


                                      一日が過ぎるのが速い!

                                      0

                                        JUGEMテーマ:ビジネス

                                         

                                        今年も残すところ一月半。月日が経つのは速いです。

                                        今年は朝から夕方までは通販と資産運用、夕方からは塾や家庭教師というビジネスがだいぶ確立してきました。早朝から日本経済新聞などの情報を頭に入れて日々変化に富んだ環境ですので特に時間が経つのは速いです。

                                        今年の締めの目標に向けてあとひと頑張りです。


                                        『陸王』

                                        0

                                          JUGEMテーマ:エンターテイメント

                                           

                                          毎週日曜日に放映されているTV番組『陸王』。面白いですね。

                                          『半沢直樹』、『花咲舞が黙っていない』、『下町ロケット』などの原作者である池井戸潤氏のドラマ化でもあります。

                                          諦めずに信念と執念で現況を打開することの大切さに共感が持てます。

                                          池井戸潤氏は大学の同窓。今後の益々の活躍を期待しています。


                                          受験算数

                                          0

                                            JUGEMテーマ:学問・学校

                                             

                                            来る11月30日からスタートさせるほしの塾小学生講座の教材を作っているうちに算数は各学年の内容にとどまらず中学受験にも適した内容の教材も作ってみました。

                                            中学受験のための勉強は難関を目指すのであれば4年生からは始めた方が無理なく進めることが出来ることが息子の経験上分かっています。

                                            星野小学校の児童にも募ってみたくなりました。

                                             


                                            ほしの塾小学生講座再開募集

                                            0

                                              JUGEMテーマ:学問・学校

                                               

                                              8年目を迎えるほしの塾ですが、今年度はスタッフの人数が足りずに小学生講座は4月から休講していました。

                                              すっと続けていた講座の再開を願っていらしゃる保護者の方々もいらっしゃたのに長らく再開できずに申し訳なかったと思います。

                                              しかしながら、来る11月30日より再スタートする運びとなりました。

                                              これで小・中そろって実施することが出来ます。


                                              そろそろ旅券と宿泊先の手配

                                              0

                                                JUGEMテーマ:家庭

                                                 

                                                高3の娘が東京の大学を受験するのでそろそろ旅券と宿泊先の手配をしなくてはなりません。

                                                インターネットで検索すると良いところがまだ取れそうです。

                                                その前に受験学部をどうするかを早急に決めないといけません。さあ娘の胸中は?


                                                日経平均株価、高値波乱。今後の推移は?

                                                0

                                                  JUGEMテーマ:ニュース

                                                  JUGEMテーマ:ビジネス

                                                   

                                                  今日の東京株式市場。日経平均株価が前場に一時前日比469円(23,382円15銭)の急騰がありました。しかし、後場にはマイナスに転じ一時前日比391円の急落を見せました。動いた値幅が860円。これは昨年トランプ大統領が選挙戦で買った日に1000円以上動いて以来のことです。

                                                  9/8に安値から今日のザラバの高値まで2カ月間で4,000円以上の上昇となった日経平均。高値波乱の日となりました。

                                                  今日のザラ場の高値が当面の高値となるのか?押し目買いか入り年末へ向けて上昇相場が続くのか注目が集まります。

                                                   


                                                  生まれて初めて大きな挫折を体験する?

                                                  0

                                                    JUGEMテーマ:学問・学校

                                                     

                                                    先日、高3の娘が通う明善高校理数科の保護者親睦会の中で、担任の先生の挨拶の中で、

                                                    生徒たちには生まれて初めて大きな挫折を味わうかもしてない、と話されたとの事。

                                                    明善高校理数科は福岡県公立高校の中でも、競争率が1、2を競う激戦校で偏差値も高い。その40名の枠に合格した生徒です。

                                                    しかし、大学入試は全国区。東京大学を始め国公立大学医学部などハイレベルな学力がないと合格は勝ち得ないところも多くあります。

                                                    生まれて初めての挫折、そう不合格のことです。

                                                    又、第一志望が不合格の時、志望変更せざるを得ないかもしれませんし、浪人して再起をかける選択肢に迫られることもあるでしょう。

                                                    あと約4カ月弱後には結果は出ています。

                                                    目標、試練、努力、成功or挫折、反省の繰り返しが人生だと思います。

                                                    何はともあれ今は目標に向かって前進あるのみです。

                                                     


                                                    日経平均株価25年10カ月ぶりにバブル後の最高値更新!

                                                    0

                                                      JUGEMテーマ:ニュース

                                                       

                                                      今日の日経平均株価は一時前日比400円を超える上昇となり、終値は前日終値比389円25銭高の22,937円60銭でした。

                                                      これはバブル崩壊後に記録した1996年6月の戻り高値を抜いて1992年1月9日の23,113円64銭以来約25年10カ月ぶりの高値となりました。

                                                      米朝の緊張で北朝鮮がミサイルを発射する度に円高・株安に見舞われ、膠着状況からなかなか抜け出せなかった日経平均株価は、9月8日(金)の終値19,274円82銭を底値に今日まで2か月間で約3,700円も上昇しました。

                                                      凄い!の一言です。

                                                      上昇相場にも小休止はあるので私個人的には少し調整を入れても良い時期かなと思います。

                                                       

                                                      しかしながら、相場の格言「もうはまだなり」、「相場は相場に聞け」です。


                                                      実るほど頭を垂れる稲穂かな

                                                      0

                                                        JUGEMテーマ:学問・学校

                                                        JUGEMテーマ:日記・一般

                                                         

                                                        夕方、久留米附設中学1年の息子が2泊3日の鹿児島校外学習から帰ってきました。色々と体験が出来、楽しく充実した3日間だったようです。息子が話す友達とのエピソードなどを聞き、又、少し成長した姿を目に受けました。

                                                         

                                                        さて、晩秋の11月、勉強、スポーツ、読書など実りの秋です。様々なイベントも各地で開催され楽しい月でもあります。

                                                         

                                                        ちょうど1年前、息子はラスト3か月弱の短期決戦に臨み、地元大手塾である全教研に入塾しました。それまでは15カ月間、Z会の中学受験ハイレベルコースで久留米附設・ラサール中合格へ向けて独学をしていました。

                                                        一年はあっという間。中学受験、合格、入学、そして中学生活も早7か月が過ぎました。

                                                        地元公立の星野中学校ではなく久留米附設中学へ進学した息子。この一年間の心身の成長ぶりは目を見張るものがあります。

                                                        しかし、この成長は息子を支えてくれた沢山の方々のお陰であり、常に感謝の気持ちを忘れてはいけません。息子へは事ある毎に話しています。

                                                        恵まれた環境の中で勉学に取り組めば取り組むほど、内なるプライドは持ちながらも謙虚に優しく節度を持った行動が求められます。

                                                        周りでは稲刈りも終わったこの時期、ことわざにある「実るほど頭を垂れる稲穂かな」が頭に浮かびます。

                                                        息子にもこのことわざは特にこの季節ですから何度か話をしました。

                                                        まずは頭に染み込ませ、後は日々の行動で実践あるのみです。

                                                         

                                                        2017.11.6.JPG

                                                        息子をJR久留米駅へ迎えに行った時、待っている間に駅前の大時計の中から17:30に「からくり儀右衛門」が出てきました。初めて見たのですが、久留米市出身の東芝創業者である田中久重が語りかけてきます。

                                                        息子が夏休みの歴史の課題で田中久重のレポートを書いていたのも思い出しました。


                                                        ソフトバンクホークス2年ぶりに日本一奪回!

                                                        0

                                                          JUGEMテーマ:スポーツ

                                                           

                                                          昨夜9回にDeNAの守護神・山崎が康晃投手が出てきた時、今年のプロ野球日本シリーズは最終の第7戦までもつれ込むかと思いましたが、野球は終わってみないと分からないものです。ワンアウトから内川選手の同点ソロホームランで試合は振り出しに戻り、延長11回裏にサヨナラでホークスが勝利し日本一に輝きました。

                                                          最後のサヨナラの場面、タイミングとしては完全にアウトだと思いましたが、ライトからの返球がキャッチャーの前で稀に見るイレギュラーバウンドとなりました。運も実力のうちでしょうか。

                                                          2アウトの前に松田選手のサードゴロをダブルプレーに出来なかったこともDeNAにとっては悔やまれます。

                                                          とても盛り上がった日本シリーズでした。

                                                          ソフトバンクホークス日本一おめでとう!


                                                          久留米附設中学1年生、今日から鹿児島校外学習へ出発

                                                          0

                                                            JUGEMテーマ:学問・学校

                                                            JUGEMテーマ:家庭

                                                             

                                                            先々週、先週と2週連続で週末は台風の影響で雨が降りましたがが、今週は絶好の行楽日和となりそうです。

                                                            息子が通う久留米附設中学1年生は、今日から2泊3日で鹿児島へ校外学習に出かけます。

                                                            生徒たちが作った旅行のしおり・冊子を見て内容が濃いなと思いました。

                                                            天気に恵まれ楽しい充実した学習が出来ると思います。

                                                            お土産話が楽しみです。

                                                             

                                                            2017.11.4.JPG


                                                            明善高校理数科3年保護者親睦会開催

                                                            0

                                                              JUGEMテーマ:学問・学校

                                                               

                                                              高3の娘が通う明善高校。

                                                              今年6月に毎年恒例になっているクラスの保護者親睦会を開きました。受験を控えていることもあって早めに開催したのですが、年内にもう1度開ことになりました。

                                                              担任の先生方には毎回ご参加頂いて色々と話を伺うとこが出来ています。

                                                              今回も20名の参加で長時間とても楽しい一時を過ごすことができました。

                                                              子供たちの結束に負けず、保護者の結束も強くなってきている感じです。LINEでのグループ(パパママ会)も発足し、新たなご縁が出来そうです。

                                                               



                                                              calendar

                                                              S M T W T F S
                                                                  123
                                                              45678910
                                                              11121314151617
                                                              18192021222324
                                                              25262728293031
                                                              << August 2019 >>
                                                              profilephoto
                                                              山口浩久略歴
                                                              父親を中1で亡くし、高校まで自宅から23kmを自転車通学をする。
                                                              予備校での浪人1年間は大阪で朝日新聞奨学生として、慶應大学在学中の4年間は東京で日本経済新聞奨学生として新聞店に住み込み、朝・夕、約300軒の新聞配達をし、学費生活費一切を自分で稼ぐ。
                                                              大学4年時に原因不明の重度の貧血で生命の危機に襲われた経験を持つ。(数年後完治)
                                                              大学卒業後12年間の証券会社勤務で世界の金融・経済の流れを身に付け、郷里の星野村で創業。
                                                              村議会議員時代から長年抱いていた観光立村・教育立村を提唱。
                                                              2009年6月NPO法人星野村里山ツーリズム協会を設立し現在実践中。
                                                              1964年1月1日生まれ
                                                              福岡県立八女高校卒
                                                              慶應義塾大学卒
                                                              国際証券勤務
                                                              (現三菱UFJモルガンスタンレー)
                                                              2001年独立し現在に至る
                                                              山口浩久によるヤル気アップ
                                                              無料子育て相談はお気軽に!↓↓
                                                              info@h-yamaguchi.comまで

                                                              hoshinojyuku.jpg


                                                              facebook-h2.jpg


                                                              selected entries

                                                              categories

                                                              archives

                                                              recent comment

                                                              • 仕事をするのは当たり前、勉強するのは当たり前の世界をつくる!
                                                                山口浩久
                                                              • 仕事をするのは当たり前、勉強するのは当たり前の世界をつくる!
                                                                おおはし
                                                              • 中学入試は別の景色を見る第一歩
                                                                山口
                                                              • 中学入試は別の景色を見る第一歩
                                                                hiro834
                                                              • 中学入試は別の景色を見る第一歩
                                                                山口
                                                              • 中学入試は別の景色を見る第一歩
                                                                hiro834
                                                              • 明善高等学校修学旅行2016
                                                                山口
                                                              • 明善高等学校修学旅行2016
                                                                ゆうちゃん
                                                              • 最後の粘りを!
                                                                山口浩久
                                                              • 最後の粘りを!
                                                                星稜中3

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              links

                                                              profile

                                                              書いた記事数:1887 最後に更新した日:2019/08/16

                                                              search this site.

                                                              others

                                                              mobile

                                                              qrcode

                                                              powered

                                                              無料ブログ作成サービス JUGEM