言葉の力

0

    JUGEMテーマ:ビジネス

    JUGEMテーマ:学問・学校

     

    今月の日本経済新聞「私の履歴書」は自民党副総裁である高村正彦氏。今日の内容ではちょうど8年前2009年8月の衆院選で、民主党に大敗し、野党へ転落した時、民主党政権は3年も経てば自滅すると確信していたとのこと。

    なるほど、民主党の無駄遣いを見直し16兆8000億円財源を生み出すという政権公約は理想の泡と消えました。

    又、委員会での発言内容、交渉相手との文書の内容など言葉の言い回しで状況がガラッと変わった、ということも書かれています。

     

    そう言えば、 ........等、の等(など)という一つの漢字が入るだけでも文書の内容は大きく違ってくるのもです。

     

     

     


    お天道様はちゃんと見ている!

    0

      JUGEMテーマ:ビジネス

      JUGEMテーマ:家庭

       

      2017.8.24.jpg

      (2017.8.24日本経済新聞)

       

      今日の日本経済新聞1面の春秋欄を読んで、私も今から40数年前の小学校時代のことを思い出しました。

      「醤油が少しでも残ったらご飯にかけてでも食べなさい」と今は亡き祖母に言われていました。昔の人はひもじい経験をしていますので、食べ物の大切さ、有難さが身にしみて分かっていたのです。最後にお茶を注いで、ご飯粒一粒残さず食べ切る、時代でした。

       

      飽食の時代、お金さえ出せば食べ物は何でも買える日本。食品ロスの垂れ流しは時代を超えてどこかにツケやしわ寄せがくると思います。宴会の在り方「最初30分と最後10分は食事に専念する」は大切なことだと思います。

      我が家も含めて見直さなくてはなりません。


      「ふるさと納税バブル崩壊」は、ふるさとの付加価値を見直す良い機会

      0

        JUGEMテーマ:ビジネス

        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         

        2017.8.23.jpg

        (2017.8.23日本経済新聞)

         

        今日の日本経済新聞3面「ふるさと納税バブル崩壊」の見出しに目が留まりました。高額返礼品で寄付金が急膨張した自治体が、総務省の通達による見直しにより3分の1、4分の1に急減している。

        去る7/11(火)テレビ東京番組『ガイヤの夜明け』でもふるさと納税で地域が潤っている状況、そして、総務省通達後の寄付金額の減少への不安が放映されていました。

         

        いかに地場の生産品といえども高額返戻品といった、言わばお金でお金を釣った状況は長続きはしない。

        市民マラソンの出場権など地域に長年根付いているイベントなどソフト面のアピールも更に重要な要素になってくる。イベントの切り口、見せ方、他のモノとの組み合わせ・連携.........、ふるさと納税バブル崩壊は、改めて地域の付加価値を見直す良い機会でもある。

         


        マララ・ユスフザイさんオックスフォード大学進学へ

        0

          JUGEMテーマ:ニュース

           

          2017.8.22-1.jpg

          2017.8.22-2.jpg

          (東京書籍NEW HORIZON English Course 3 p150.p151)

           

          2014年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユズフザイさんがイギリスの名門オックスフォード大学への進学が決まったニュースを先日新聞の紙面で見ました。政治家を志すマララさんの新ステージでの第一歩だと思います。

           

          さて、上記は、中3英語テキストの150〜151ページの内容です。

           

          私が星野小学校でPTA会長を務めて2年目の卒業式の祝辞の内容に、このテキストで取り上げられているマララさんが国連で演説されたこの文章の最後の節

          One child,one teacher,one book,and one pen can change the world.Education is the only solution,Education first.

          の部分を引用、日本語訳し、平和な日本で、いくらでも勉強できることの有難さを現在の中3の皆さん、そして保護者の方々へ述べたのが思い出されます。それから3年半が経とうとしています。

           

          教育が一番なんです!

           

          中3の皆さん、特にほしの塾に通っている塾生にはこの演説を暗記して欲しいです。

           


          成長意欲をもって学び続けることこそ人間にとって大切なこと、又、至福の喜びでもある

          0

            JUGEMテーマ:学問・学校

            JUGEMテーマ:ビジネス

             

            2017.8.21.jpg

            (2018.8.21日本経済新聞)

             

            今日の日本経済新聞23面、ライフネット生命保険創業者である出口治明氏が書かれたダイバーシティ進化論の内容に共感しました。

            そもそも「ダイバーシティ」とは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方。diversity日本語の意味「多様性」に起因する。

             

            ビジネスパーソンに必要なのは「考える力」。単なる知識ではなく知識と知識を組み合わせ、応用しながら自分の意見を組み立て上げる力、すなわち教養を身につけること。これには日々の勉強と体験が必要である。

             

            イノベーション(技術革新)についても書かれていますが、私が慶應義塾大学時代、清水龍瑩ゼミで「イノベーションは情報と情報の新結合である。情報もより遠いもの同士がぶつかる方がより画期的なイノベーションを生む」と繰り返し教授されました。

             

            正しくその通りを書かれていて、

            「イノベーションは知識と知識の組み合わせによって生まれるが、自分の仕事に関する知識同士を組み合わせるだけでは、大きなインパクトは持ち得ない。自分の分野を深堀しつつ、なるべく遠いジャンルの知識や時空を隔てたところで見いだされた知識を取り入れることで、オリジナリティーは強化され素晴らしいアイデアとなる。日々顔を突き合わせている同僚と24時間議論したとしてもイノベーションは起こせない。遠いフィールドで得た気づきが豊かな発想を促し、生産性を高めるトリガーとなりうるのだ。」

             

            30年以上も前に大学で薫陶を受け、私自身も常にそうしたいと思っていることがそのまま書かれています。

             

            じゃあ、どうすればそうできるようになるか?

             

            『働き方改革が不可欠で、長時間働き、家と職場を往復するだけの「メシ・フロ・ネル」の生活を「人・本・旅」の暮らしに切り替えなくてはならない。仕事では知り合うことのない様々な人と会い、いろいろな本を読み、興味を持った場所にどんどん出かけていく。脳を刺激し続けることで、考え方も磨かれていく。』

             

            世界中の人に会い・様々な本を読み・世界を旅をし脳に刺激を与える為には学力は欠かせません。

             

            「明日死ぬと思って生きよ。永遠に生きると思って学べ」

             

            マハトマ・ガンジーの言葉で締めくくられています。


            無理なく英語を身に着けるために

            0

              JUGEMテーマ:学問・学校

               

              2017.8.20.jpg

              (2017.8.18日本経済新聞夕刊)

               

              2020年から始まる小学校での英語の正式教科化。

              自然に英語が身に付くようにできないものでしょうか?

               

              現在の公立中学から始まる英語学習では、英単語を早く沢山記憶できる子供がテストでの点数が良く、覚えることにアレルギー反応(最初から自分は覚えることが出来ないと思っている)がある子供には英語を楽しいとは思えない、結果として殆ど身につかないやり方になっていると思います。日常会話で必須となるフレーズ100個程度を学校の日常でも使いながら覚えていくのが良いのではないでしょうか。益々指導力が大いに問われると思います。

               

               


              村議会存続は可能

              0

                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                 

                2017.8.18.jpg

                (2017.8.18日本経済新聞夕刊)

                 

                高知県大川村の議会運営委員会の答申書の記事が昨日の日本経済新聞夕刊に掲載されていました。

                村議会を廃止し村総会への移行を検討されているニュースは人口が1,000人にも満たない地方自治体に一石を投じています。

                 


                NPOの法人登記に今週は2度福岡法務局を訪ねる

                0

                  JUGEMテーマ:地域/ローカル

                   

                  7月からNPOの代表者変更手続きをしています。電話やHPを参考に書類を提出していましたが、不備があったり文章の内容に不明な点があったので今週は14日と昨日・17日に福岡法務局を訪れました。

                  今回の法的手続き書類も初めての経験ですので、総会議事録や理事会議事録の議案事項の書き方などとても勉強になりました。

                   


                  久留米附設の夏休み課題に臨む

                  0

                    JUGEMテーマ:学問・学校

                     

                    久留米附設中学に入学して初めての夏休みも残すところあと2週間となりました。息子は部活と課題に取り組んでいます。

                    英語、数学をやるのは当たり前ですが、4,000字(原稿用紙10枚)の短編小説を書く、国土地理院発行の地図を利用し住んでいる地域のレポートを4,000字にまとめる、歴史上の人物一人に着目して4,000字のレポートにまとめる、生物の実験をしてレポートにまとめる等々、附設ならではの課題に臨んでいます。

                     

                    新しいことを創造するには場所を変えるのも一つの方法、取っ掛かりを見つけるのに星野村の実家にお盆に戻ったのも良かったのでは。小さい時から田んぼの中に生息する生物に触れ、クワガタやカブトムシを取りに山に入ったり、畑ではバッタやカマキリ、川遊びと色々やった体験が勉強に活かせると思います。

                     


                    人口減少に向き合う

                    0

                      JUGEMテーマ:地域/ローカル

                       

                      2017.8.16.jpg

                      (2017.8.16日本経済新聞)

                       

                      高知県大川村の記事を過去のこのブログで紹介しました。村議会を廃止して村総会の検討をしているという記事です。

                      大川村だけではなく今日の記事は人口減少によっ村議会が成立しない可能性が高くなっている地方自治体が今後出てくる内容です。

                      行政に頼らずに民間の力で地域サービスを行う取り組みも全国で行われています。星野村でも地域づくりが早くから行われてきました。

                      人口減少に歯止めがかかることはありません。

                      10年後、20年後の星野村はどんな人口形態・状況になっているのか?

                       

                      住民の多くがモノや便利さを求める価値観の大転換を体力が残っているうちにしなければジリ貧は続きそうです。

                       

                       


                      鐘楼さん送り

                      0

                        JUGEMテーマ:家庭

                        JUGEMテーマ:地域/ローカル

                         

                        生まれてから習わしとなっている先祖の霊をお迎えし、お送りする「鐘楼さん迎えと送り」。

                        15日の今日は17時過ぎに家族5人で納骨堂へ送りに行きました。

                         

                        子供が生まれてから今日まで一緒にずっとやっていることですが、高3の娘も大学生になればお盆を一同に会することが出来ずに来年からはやれない可能性もあります。

                         

                        家族皆がが健康で年中行事を共にできることに感謝。

                         


                        相場は相場に聞け

                        0

                          JUGEMテーマ:ビジネス

                           

                          先週後半から北朝鮮と米国の緊張が高まり円高、株安となって日本は3連休後今日を迎えました。

                          寄り付きから10分ぐらいは下値を探る展開でしたが下げ渋り、日経平均株価の大引けは192円安でした。

                          相場の世界は個々人の相場観は当てになりません。

                          格言にもある「相場は相場に聞け」でした。

                          今日の底値が大底となるのか?明日からの動きに注目です。

                           


                          さあ、日本株どうなる?

                          0

                            JUGEMテーマ:ニュース

                            JUGEMテーマ:ビジネス

                             

                            先月7月の日経平均株価は36年ぶりにボラティリティーが小さい、膠着状態の動きとなりました。8月に入ってもその動きは続き、一方でNYダウは史上最高値更新、8/7まで今年2月以来の10営業日連騰もありました。

                             

                            しかし、先週週後半は北朝鮮vsアメリカの緊張が高まり下落して終了しています。

                            今年に入って北朝鮮のミサイル発射実験のニュース後には一時的に日経平均の下落はあっても押し目買いに徹していればその後の上昇へという結果になっていました。

                             

                            今回もこれまでと同じ動きになるのか注目です。

                             


                            星野村よかっ祭2017

                            0

                              JUGEMテーマ:地域/ローカル

                               

                              今日は午後から長男を迎えに行き高良大社で車のお祓い・交通安全祈願をしました。

                              高良大社には今年年初から息子と一緒に合格祈願に行き、インフルエンザ発症から何とか受験できた1月21日の久留米大学附設中学受験会場に送って行った後直ぐに最後まで受験できるよう参りに行き、合格後にお礼参りもした今年ご縁がある神社です。

                               

                              息子は星野村よかっ祭2017に行き、星野中学卒業後に初めて祭りに来ていた小学校の同級生と再会していました。

                              天気にも恵まれ祭りは大盛況でした。


                              NPOの有志一同に会して初盆参り

                              0

                                JUGEMテーマ:地域/ローカル

                                 

                                今年3月29日に急逝されましたNPO法人星野村里山ツーリズム協会の初代理事長のご自宅へ役員の有志で初盆参りに伺いました。

                                それまで心技体健康そのものという中、昨年の7月下旬に急に体調を崩されてからあっという間に過ぎた1年でした。

                                地元・星野小学校、中学校の児童、生徒の学力向上を目指して「ほしの塾」をスタートし、子供たちと真摯に向き合い4年前からは八女市では初めてとなる小学校の寺子屋事業にも協力するようになりました。

                                 

                                奥様とゆっくりこの1年間のことをお話しすることが出来て良かったです。69歳という若さで亡くなられた先生への仏前に手を合わせながら気持ちを新たにしました。

                                 


                                NHK朝ドラ「ひよっこ」で”勉強は復習が大切だ”と!

                                0

                                  JUGEMテーマ:学問・学校

                                   

                                  NHK朝ドラ「ひよっこ」を今週は連続して見ています。今日は過去の記憶を失った父と主人・みね子が実家へ戻り家族そろって夕飯を食べているシーンがありました。

                                  その中で、みね子の妹・ちよ子が学校での成績が良いという話題になり、ちよ子が「勉強で大事なのは復習」だと言っていました。

                                   

                                  地元の子供たちの教育に携わっている私はちよ子の発した言葉が印象に残りました。

                                  学んだ事を直ぐに復習をし自分の能力として定着させることの大切さを繰り返し子供たちに話しています。

                                   


                                  広島・長崎原爆投下から72周年

                                  0

                                    JUGEMテーマ:ニュース

                                     

                                    広島、長崎に原爆が投下されて72年が経ちました。ニュースによると広島平和記念資料館を訪れる海外からの観光客が多いと聞きます。

                                    私も8年前の2009年7月20日に家族5人で広島平和記念公園、そしてその中にある広島平和記念資料館を訪ねました。

                                     

                                    さて、北朝鮮の度重なるミサイル発射実験が特に米国との緊張を高めています。戦争にはならないと思ってはいますが、日本の近隣国ですので注視しなければなりません。北朝鮮の目的は?

                                     

                                    ”平和は当たり前”ではなくなっている昨今、戦争の恐ろしさ、愚かさを知り、平和を目指す教育・経済・福祉活動などを日々心に留めながら、一方で明日何が起こっても良いように生を受けている今を充実して過ごさなくてはならないと思います。

                                     


                                    子供たちもお世話になった車の最後の洗車・清掃

                                    0

                                      JUGEMテーマ:家庭

                                       

                                      叔父が肺気腫で11年で2万5千キロしか走っていなかった車を譲り受け、その1年後に叔父が亡くなりました。いわば形見分けの車を6年間乗っていました。この車は5年前の北部九州豪雨災害も潜り抜け、長女の塾通いや高校通学、長男の塾通いに大変活躍してくれました。今回の車検時に買い替えることにしました。

                                      明日下取りに出すために今日の夕方、感謝の意を込めて娘と一緒に洗車と清掃をしました。

                                      長年ありがとう!そして、お疲れ様!

                                       

                                       


                                      スポーツ熱き戦い2017

                                      0

                                        JUGEMテーマ:スポーツ

                                         

                                        世界陸上2017ロンドン大会、夏の全国高校野球選手権大会、日夜TV中継が盛り上がります。

                                        全部は見れませんのでニュースから目が離せません。

                                        男子100メートル決勝で引退を表明しているウサインボルト(30歳)が敗れ、35歳のガトリンが金メダルを獲得。ボルトはまだやれるのでは?年齢ではなくモチベーションや闘争心が競技寿命を左右しますね。

                                        今季限りで引退を表明している女子プロゴルフの宮里藍さんもまだ31歳です。

                                         

                                        日本のマラソン界が男女ともに入賞を果たせませんでした。東京オリンピック2020に向けて復活が期待されます。

                                         


                                        第3次安倍改造内閣

                                        0

                                          JUGEMテーマ:ニュース

                                           

                                          3日前に発足した第3次安倍改造内閣。布陣が発表され引き継ぎが終わり、世論調査も出始めました。

                                          今回の内閣を総評して色々と名前がつけられていますが、これまでの安倍政権と比較すると高学歴で4閣僚が出身であることから「ハーバード内閣」とも言われています。政治家2世、官僚出身も多い。東京大学出身が最多の8名。

                                           

                                          小さい頃からお坊ちゃん、お嬢ちゃん?育ちで毛並みも良く、経済的には何不自由なく育った超エリートの人たちではないだろうか。

                                          貧しい暮らしをしたことが無い日本のリーダーたちがどう厳しい現況下にある人々にも向き合ってくれるか、当事者の目線で言葉を発信し、行動して頂くのか注目したいと思います。

                                           


                                          田中角栄元首相「教育にはカネを惜しまない」

                                          0

                                            JUGEMテーマ:学問・学校

                                            JUGEMテーマ:家庭

                                             

                                            国会議員や東京都知事を歴任された石原慎太郎著『天才』の主人公はコンピューター付きブルドーザーと言われた田中角栄元首相。ベストセラーとなって昨年初旬から様々な田中首相の本を又見かけるようになりました。

                                            私も大学時代には田中角栄に関する書籍は手当たり次第に読んだ経験があります。

                                             

                                            さて、家庭の経済事情で尋常小学校高等科卒の田中首相は「教育・国防・外交」は3つの国の大事な仕事であり、その大事な教育について政治はカネを惜しむべきではないとの考えで資金を投入。「日本列島改造御論」を唱え、橋や道路などのインフラ投資だけのイメージがある田中首相が教育にも大いに力を尽くしていた。

                                             

                                            ある演説の中で、

                                            「子供の教育はね、ほんとは土曜日もみっちりやったほうがいいんだ。そして休む時は夏、冬45日ぐらいずつ休ませればいいんです。この間、子供は田舎に寄こせばいい。おじいちゃんやおばあちゃんと遊んで、自然の昆虫や動物に接して、ほんとうの自然教育を実体験で行うんです。いまねェ、東京の子供に”バッタはどこにおるんだ”と聞くと、”三越だ”といううだ。そんなバカなことがあるか!」(向谷匡史著『田中角栄』より引用)

                                             

                                            今から45年前(1972年)7月5日に自民党総裁に当選、翌日大正生まれの初めての総理大臣として内閣を発足。当時まだ小学校低学年だった私も白黒テレビで自民党総裁選を見ていたのをはっきり覚えています。

                                             

                                            これからの田舎の特色ある地域として存在するカギの一つは自然を相手に生き抜いてきた先人の知恵をその地域の人々が身に着けて継承できるかにかかっていると思います。

                                            又、教育にはカネを惜しまないという信念を私もずっと持ち続けて行動したいと思います。


                                            学んだら直ぐ復習、そして間髪入れずに又復習で知識を定着させる

                                            0

                                              JUGEMテーマ:学問・学校

                                               

                                              地元の小中学校と連携しながら塾の運営を行って8年目のほしの塾です。通っている子供たちの現状の学力に応じて個別指導をしていますが、時間内に理解できていても次の授業の時は前に学んだ事を大部分忘れてしまっている子供もいます。

                                              復習の大切さを繰り返し指導しているところです。

                                              復習とは1度やればそれで良いわけではなく、身に着くまでやるのがベストです。計算練習、英単語、方程式の活用など毎日数題ずつコツコツやる習慣が出来ていない状況を何とか打破しなくてはいけません。

                                              夏休みも中盤になってきました。やっている子とそうでない子の差が付き始めています。

                                               

                                              思考の原動力となる知識を増やすには学んだら復習、又、復習して自分のものにするまでの繰り返しです。

                                              残りの夏休み期間が又勝負の時です。

                                               


                                              長期的に前向き思考で

                                              0

                                                JUGEMテーマ:学問・学校

                                                 

                                                2017.8.3-2.jpg

                                                (2017.8.3日本経済新聞)

                                                 

                                                2015年にノーベル物理学賞を受賞された梶田隆章氏の対談が今日の日本経済新聞に掲載されていました。

                                                ノーベル賞受賞者が近年日本からも続出しているけれども、対象となる研究は2000年よりも前に結果が発表されたものが殆ど。日本が元気だった1980年代から90年代の基礎研究が活発だった時代の成果が評価されて受賞につながっているとの事。

                                                 

                                                現在の論文発表数をみると世界比較でじり貧。日本の時代の要請が早く成果を求めている状況であるため、基礎研究への支援資金が少ない。そうなると10年後、20年後のノーベル賞受賞には暗雲が立ち込めているのではないだろうか?

                                                 

                                                30年前慶應義塾大学清水研究会に所属していた時、先生から、企業は長期維持発展を目指している、そしてその根源は研究開発である、と繰り返しご教授頂きました。

                                                 

                                                バブルが弾け、高度経済成長期を経験した方々も定年を迎え、低成長期で将来の不安が大きいと思う若者が増えつつある中、梶田教授が提案されている「前向き思考」へ社会を変えていく日本に皆でしなくてはならないと思います。

                                                 


                                                今月の日本経済新聞「私の履歴書」は高村正彦自民党副総裁

                                                0

                                                  JUGEMテーマ:ニュース

                                                   

                                                  安倍一強の驕りによって招いた一連の政治不信、内閣支持率が急低下する中、明日発足する第3次安倍内閣の閣僚の布陣が出そろってきました。

                                                  今月の日本経済新聞「私の履歴書」を連載中の高村正彦自民党副総裁は留任とのこと。

                                                  第2回目の今日はお父様の生き様を書かれた内容でした。

                                                  内務省で警察畑を歩み、近衛文麿首相の秘書官として日米開戦の回避に尽力、しかし主戦派の東条英機陸相を抑えきれずに開戦。

                                                  戦後は政界へ進出。衆議員、山口県徳山市長を4期務められ、「内政の失敗は一内閣が倒れれば足りるが、外交の失敗は一国が亡びる」とおっしゃっていたそうです。

                                                   

                                                  トランプ政権、北朝鮮の度重なるミサイル発射、イスラム国など地政学リスクが大きくなっている昨今、自民党の重鎮である高村副総裁の履歴書をじっくりと拝見しようと思います。

                                                   


                                                  ブルーベリースムーシー

                                                  0

                                                    JUGEMテーマ:グルメ

                                                     

                                                    今日から8月。毎日暑い日が続きますね。

                                                    我が家ではこのところ収穫したブルーベリーを冷凍しておいてミキサーでスムーシーにして皆で食べています。

                                                    畑に多品種を栽培して色々楽しめるのは良いです。

                                                     

                                                    2017.8.3.JPG

                                                     


                                                    景気回復はいつまで続くのか?

                                                    0

                                                      JUGEMテーマ:ニュース

                                                       

                                                      今日で7月が終わりますね。景気回復が継続中であるというニュースをTVや新聞で見聞きします。日常生活にはあまり実感がありませんが、日々家族全員が健康で生活できていますので良しとすべきでしょうか。

                                                       

                                                      さて、2020年に開催される東京オリンピックまで3年を切ってきました。過去の世界の例ではオリンピック後には大きな不景気の波が押し寄せているようです。現在高3の娘は順調に進めば大学3年時に東京オリンピックを迎えます。そして就活が始まる時期でもあるでしょう。卒業時は不況の波の真っただ中かもしれません。予測はつきませんが。

                                                       

                                                      ただ言えることは苦しい時ほど実力勝負。その時までに蓄えた能力をどう発揮、アピールできるかだと思うのです。

                                                      夏休みに入り寸分惜しんで受験勉強に励んでいる姿を見て、この姿勢をずっと続ければ道は開けるのではと、親ばかながら思っているところです。

                                                       

                                                      将来は厳しい現実も待っているし明るい希望に満ちた日も待っている。

                                                      今から認識しながら能力を高めていって欲しいと思います。


                                                      「親の収入が子供の学歴を決める」のでは人生面白くない!

                                                      0

                                                        JUGEMテーマ:学問・学校

                                                        JUGEMテーマ:家庭

                                                         

                                                        夏休み前から娘や息子への予備校、塾のお誘いのDMが多く送られてきます。志望校へ合格してもその先、その先へと人生常に勉強だと思います。通学している学校の費用やそれ以外の場所での教育費は年間を通すとかなりの金額、それも在学中の数年間かかるとすれば出費する親としては頭の痛いところです。

                                                         

                                                        親の収入格差が子供の学歴格差と相関関係が大きいというのも現実。

                                                        父親が中1の時に急逝し経験をもつ私としてはこの現実に真っ向から立ち向かう気概のある子供たちも育てたいですね。

                                                         

                                                        小学校に入るまでの子供の学力には大差はないと思います。

                                                         

                                                        「親の収入」ではなくて小学校低学年時の「親の教育へのやる気・関心・ねばり強さ」が子供の学歴を大きく左右するのではないかと思います。実際、インターネットやスマホの普及でかなり安く教材が手に入る時代になっています。

                                                         

                                                        子供の勉強への意欲が増す夏休みにしたいものです。

                                                         

                                                         


                                                        八女高校同級生との新たな絆のスタート

                                                        0

                                                          JUGEMテーマ:学問・学校

                                                          JUGEMテーマ:家庭

                                                           

                                                          高校を卒業して35年、毎年5月の最終日曜日に開催される大同窓会には参加して近況の報告などで同窓生との話に花が咲きます。

                                                          そんな中、特に親しかった旧友もいますが、毎年年賀状のやり取りだけで再開する機会がありませんでした。

                                                           

                                                          彼と私も娘、息子と二人の子供がいて、進学した学校がそれぞれ明善高校、附設中学が偶然同じ(彼の子供さんが先輩に当たります)で2カ月前に彼の自宅を10数年ぶりに訪ねました。そして7月下旬に一緒に食事をしよう、という事になっていましたので今夕、夫婦4人で会食をしました。近況報告や子供たちの学校の事などで色々参考になりました。彼の娘さんは大学を卒業して社会人、息子さんは九州大学医学部医学科に在学中です。

                                                           

                                                          話が弾みあっという間に時間が過ぎ、今後も定期的に会いましょうという!ということになりました。

                                                          親友との新たな絆のスタートです。


                                                          東筑高校野球部21年ぶり夏の甲子園へ

                                                          0

                                                            JUGEMテーマ:学問・学校

                                                            JUGEMテーマ:ニュース

                                                             

                                                            福岡県内屈指の県立進学校である福岡県立東筑高校。修猷館、筑紫丘、福岡、小倉、そして東筑は毎年九州大学合格者ランキングに上位を占めます。

                                                            今日行われた高校野球福岡県大会決勝で春の選抜出場校である福岡大学附属大濠高校を3-1で下して21年ぶり6回目の甲子園出場を果たしました。おめでとうございます。

                                                             

                                                            今年の福岡県大会は準決勝で地元八女市の西日本短期大学附属高校、久留米商業の2校が勝ち残り私としても盛り上がった県大会でした。

                                                             

                                                            そうそう、先日の日曜日・7/23は従兄の初盆で鳥栖を訪れていました。佐賀県大会は従兄の地元・佐賀県立鳥栖高校と早稲田佐賀の決勝戦でした。そして早稲田佐賀が初優勝を飾りました。早稲田大学創立者である大隈重信の出身地である佐賀県に2010年創設されて8年目の快挙です。早稲田と言えば107本の高校記録に並んだ清宮主将が率いる早稲田実業も明日決勝戦へコマを進めています。

                                                             


                                                            引き際が肝心

                                                            0

                                                              JUGEMテーマ:ニュース

                                                               

                                                              民進党蓮舫代表、自民党稲田防衛大臣辞任のニュースが流れました。世論は悪い方にしか傾かないと過去の例をみても政治家本人は分かっていてもなかなか辞めれないですね。結局は後味が悪く、国民の政治不信を招く結果で終わってしまいました。

                                                              近年はSNSなどがメディア化し反響が大きくなる時代。

                                                              引き際は早い方が良いと常々思います。



                                                              calendar

                                                              S M T W T F S
                                                                    1
                                                              2345678
                                                              9101112131415
                                                              16171819202122
                                                              23242526272829
                                                              30      
                                                              << September 2018 >>
                                                              profilephoto
                                                              山口浩久略歴
                                                              父親を中1で亡くし、高校まで自宅から23kmを自転車通学をする。
                                                              予備校での浪人1年間は大阪で朝日新聞奨学生として、慶應大学在学中の4年間は東京で日本経済新聞奨学生として新聞店に住み込み、朝・夕、約300軒の新聞配達をし、学費生活費一切を自分で稼ぐ。
                                                              大学4年時に原因不明の重度の貧血で生命の危機に襲われた経験を持つ。(数年後完治)
                                                              大学卒業後12年間の証券会社勤務で世界の金融・経済の流れを身に付け、郷里の星野村で創業。
                                                              村議会議員時代から長年抱いていた観光立村・教育立村を提唱。
                                                              2009年6月NPO法人星野村里山ツーリズム協会を設立し現在実践中。
                                                              1964年1月1日生まれ
                                                              福岡県立八女高校卒
                                                              慶應義塾大学卒
                                                              国際証券勤務
                                                              (現三菱UFJモルガンスタンレー)
                                                              2001年独立し現在に至る
                                                              山口浩久によるヤル気アップ
                                                              無料子育て相談はお気軽に!↓↓
                                                              info@h-yamaguchi.comまで

                                                              hoshinojyuku.jpg


                                                              facebook-h2.jpg


                                                              selected entries

                                                              categories

                                                              archives

                                                              recent comment

                                                              • 中学入試は別の景色を見る第一歩
                                                                山口
                                                              • 中学入試は別の景色を見る第一歩
                                                                hiro834
                                                              • 中学入試は別の景色を見る第一歩
                                                                山口
                                                              • 中学入試は別の景色を見る第一歩
                                                                hiro834
                                                              • 明善高等学校修学旅行2016
                                                                山口
                                                              • 明善高等学校修学旅行2016
                                                                ゆうちゃん
                                                              • 最後の粘りを!
                                                                山口浩久
                                                              • 最後の粘りを!
                                                                星稜中3
                                                              • 昨日は災害状況調査
                                                                市川郢康
                                                              • facebookをウォッチする
                                                                Milk_Tarou

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              recommend

                                                              links

                                                              profile

                                                              書いた記事数:1877 最後に更新した日:2018/04/03

                                                              search this site.

                                                              others

                                                              mobile

                                                              qrcode

                                                              powered

                                                              無料ブログ作成サービス JUGEM